仮想通貨201709

kabutan.jp

kabutan.jp

  • 労働者数について、少なくとも1876人が仮想通貨業界でフルタイムで働いていると報告している。アジア太平洋地域が720人と多くを占め、次いで北米で676人が確認
  • 取引所の数はヨーロッパが最も多く、アジアがそれに次ぐ。またこのうち49%の取引所は11人以下の従業員で動いており、全体でも取引所あたりの従業員は11人程度だという。
  • 仮想通貨の中で最も普及しているのはビットコインで、ライトコインが2番目であると報告書ではまとめる。その他、普及している仮想通貨にリップルイーサリアムクラシック、モネロ、ドージコイン、ダッシュなどが挙げられている

kabutan.jp

  • トックビル・アセット・マネジメント社のアセット・マネージャーで、主に金(ゴールド)に力点を置くジョン・ハサウェイ氏が、貴金属関連のニュースサイトKitco.com上で仮想通貨市場が「バブル」の状態であることにはなんの疑いもないとし、インタビューにおいて仮想通貨の現状を「ゴミ(garbage)」と発言した。

www.nikkei.com

style.nikkei.com

  • マイニングは基本的には作業量の大きさが勝敗を左右する。「早く大量の作業を終えた者の勝ち」のシビアな世界だ。だが、コンピューターの性能争いが過熱し、電気の消費量拡大や地球環境への悪影響が懸念されるとの声も少なからずあがっている。半面、イーサリアムのように既存のイーサリアム保有者を優遇し、過当競争を防ぐ枠組みを作ったら作ったでマイナーの新規参入を阻み、市場の厚みをなくしてしまいかねない。
  • 足元では画像処理半導体GPU)などマイニング関連機材の価格が上がり、GMOやDMMを含めてこれからマイニングを始める企業の初期投資額はかさむ。GMOは35億円以上かける。日本勢が扱う半導体チップは中国企業よりも高性能とされるが、国内ではデータセンター管理の人件費などの固定費が最小限にとどめても高くつく。GMOでは一年を通じて気温が低い北欧にデータセンターを置き、コンピューターを冷やすための電気代を減らすほか、地熱や水力などの再生可能エネルギーも使ってトータルのコストを抑える予定だ。

toyokeizai.net

  • 2008年のリーマンショック後、欧州で債務問題が起こった際、債券など国の信用度合いとは関係がなく、決済などの面で使い勝手もいいビットコインに資金が流入する場面がみられた。既存通貨(ドルやユーロ、人民元など)への信頼が低下した際、資金が流入するようなケースが多い。

www.msn.com

  • 仮想通貨については「われわれの時代の最大のバブルになるだろう」として大きな利益を得る機会があると語った。

diamond.jp

  • 「ランポート署名」(Lamport Signature)がある。これは量子コンピュータでも解読できないため、安全性を担保できると考えられている。1979年に、レスリー・ランポートによって考案

www.itmedia.co.jp

www.nikkei.com

  • ブロックチェーンの活用を検討しているか活用を進めている企業は全体の39%、社員2万人以上の大企業では56%に上ることが明らかになった。
  • ブロックチェーンの活用を検討している、または活用を進めている大企業(社員数2万人以上)のうち、PoC(概念実証)の段階に達しているのは半分以上(54%)、さらに実証実験に進んでいるのは16%だった。
  • 米IBMを1位に選んだ回答者は43%近くに上り、2位の米マイクロソフト(20%)を大きく上回った。IBMは全ての業種と企業規模で首位を占め、世界のブロックチェーン技術のトップ支援事業者としての地位を固めた。

www.remixpoint.co.jp

www.sankei.com

金融庁は29日、ビットコインなどインターネット上の仮想通貨を扱う取引所など11事業者を「仮想通貨交換業者」として初めて登録したと発表した。仮想通貨は利用者が急増しており、金融庁は交換業者に利用者保護などの徹底を求める。 

www.msn.com

jp.wsj.com

www.asahi.com

  • 池尾氏は増収分の使途変更によって財政健全化が遅れ、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年には、社会保障サービスのカットを迫られるなど、財政問題がさらに深刻化しかねないと警鐘

  • 現在の中福祉・低負担の社会保障制度を全世代が一定の痛みを分かち合うかたちで持続可能なものに見直すことが急務だが、安倍政権の取り組みは逆行していると指摘。

  • 国内的に人口動態という大きな問題が控えている。2025年に団塊世代後期高齢者になると貯蓄の取り崩しが始まり、同時に現在と同じ社会保障レベルのままでは、大幅な財政赤字が避けられない

  • それを賄う国内貯蓄が不足する状況になり、海外から借り入れをせざるを得なくなる。現在のような低金利では済まなくなる。中長期的な見通しを持った財政経済運営が必要だが、そういう発想はうかがえない

  •  金融政策も財政政策も今のうちに正常化するのが賢明だ。金融政策はゼロ金利政策を維持する姿にバランスシートを縮小し、財政は健全化を進めるべきだろう。今はほとんど完全雇用の状況にあり、好調な海外経済に支えられているラッキーな面がある。今のうちにやれることをやっておくべき 

www.bloomberg.co.jp

  • 同氏は19日、米経済専門局CNBCのインタビューで「極めて投機的だ。投資家が考えているのは『より高い価格で売れるだろうか』ということだ。従ってこれはバブルだ」と述べた。

jp.sputniknews.com

  • 仮想通貨ビットコインの日本市場が、世界の取引高の約半分(47.7%)を占める最大規模となった。

www.nikkei.com

  • SBIホールディングスは19日、米ヘッジファンドと組んで仮想通貨に投資するファンドを組成すると発表した。ビットコインをはじめとした仮想通貨に対する投資家ニーズが高まるなか、ファンド組成によって運用機会を提供するのが狙い。

www.bloomberg.co.jp

  • BISは四半期報告で、中銀は自ら仮想通貨を発行するかどうか、その場合どのような属性を持たせるべきかを判断しなければならないだろうとし、現金の使用が減少しているスウェーデンのような国では特に急務だと指摘した。

jp.techcrunch.com

  • 「Ethereumの基本的な考え方は、暗号化経済のアイデアと、bitcoinのように多くのアプリケーションのためのメモリーをもつ分散ネットワークを支える経済インセンティブとを組み合わせたものだ。優れたブロックチェーン・アプリケーションは、分散化と何らかの共有メモリーを必要としている」
  • bitcoinは1秒間に3件をほんの少し下回る数の取引を処理している。Ethereumは1秒間に5件だ。Uberは1秒間に12回利用されている。ブロックチェーンがVisaに取って代わるまでには数年かかるだろう」

markethack.net

  • ビットコインのようなブロックチェーン技術に基づいた仮想通貨が普及すると、ウエットな仕事に従事している多くの金融関係者が失職すると予想されます。
  • マイニングによる「品質保証」に相当することを、これまでは24万人のJPモルガン・チェースの従業員が、手作業でやってきたのだと思えば良いでしょう。
  • 金融機関はJPモルガン・チェースだけじゃないので、仮想通貨が普及すれば100万人を超える金融関係者がお払い箱になるリスクがあるわけです。
  • ブロックチェーン技術が普及し、ビットコインに関心を持つ人が増えれば増えるほど、次の「主戦場」は技術談義からリーガル・フレームワークへと移って行きます。金融機関の連中は、法制度を盾にしたダーティーなバトルでは百戦錬磨です。だからそれを甘く見ると、足元をすくわれます。

gendai.ismedia.jp

thebridge.jp

  • ブロックチェーンが示した、2008年の金融危機に対抗する効果的であるとされた理由は「本当は誰も信用できない」という仮定に基づいており、詐欺を防止する唯一の方法はすべての取引を「公的元帳」に普遍的に記録し続けるということにあった。
  • ICOによって企業は金融取引や金銭のやりとりを処理するために必要だった外部代理業者たちと連携する必要がなくなる。また企業はすべてのリターンを暗号ウォレットを通じて支払うことができるため、為替レートや取引手数料の懸念から解放され、暗号トークンは消費者と企業の間で迅速に取引される。また、余分な間接費を削減または除去することで、企業は初期のシェアコストを低く抑えることが可能となり、より多くの個人に対して投資の選択肢を提示し、彼らの初期購入コストを低く抑えることができる。つまり、ICOは消費者と投資家における会社の株式や所有権、評価額といった基本概念について完全な革命を起こすことができる方法なのだ。
  • 取引を分析し、マネーロンダリング防止ソフトウェアを提供するニューヨーク拠点のChainalysisの調査によれば、少なくとも10件のICOにつき1件は詐欺スキームであり、3万人の投資家が総額2億2500万ドルのサイバー犯罪の餌食となっているというのである。

www.bloomberg.co.jp

  • 仮想通貨ヘッジファンド、ポリチェーン・キャピタルのオラフ・カルソンウィー最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、「この技術を深く理解しないと、何を買えばいいのかよく分からない」と述べ、「多くのプロジェクトが今、動き出している。大部分はほとんど意味を成しておらず、大多数は失敗するだろう」と付け加えた。
  • 8月に初のファンドを立ち上げたマルチコイン・キャピタルのマネジングパートナー、カイル・サマニ氏は電話インタビューで、「今の仮想通貨市場は非常に不合理だ。非効率な面が大変多い。ウォール街から大勢の人が参入しており、片っ端から稼いでいる。こうした人々が十分に市場に参加した時点で、非効率性はゼロになろう」と述べた。

techtarget.itmedia.co.jp

www.asahi.com

  • 中国にある仮想通貨の3大取引所の一つ、「ビットコイン中国」は14日、新規利用者の登録をやめ、9月末で仮想通貨と人民元との交換など全取引を停止して閉鎖すると発表した。ほかの取引所も閉鎖されるとみられる。取引量の多い中国の規制は世界中の仮想通貨をめぐる議論に影響しそうだ。

www.bloomberg.co.jp

  • クオンツデリバティブ金融派生商品)戦略グローバル責任者で「ガンダルフ(『指輪物語』に登場する魔法使い)」とも称されるマルコ・コラノビック氏だ。同氏は13日、仮想通貨ビットコインに関してダイモンCEOが発した警鐘の多くに同調する見解を示した。
  • コラノビック氏は「仮想通貨が信頼できる形で評価されることはあり得ず、重大な『テールリスク』があり規制当局が禁止する形になる恐れもある」と述べ、「加えて、仮想通貨市場全体が不正なねずみ講との類似性を示している」と指摘。他国政府も中国に続いて仮想通貨の取り締まりに乗り出す可能性が高いと付け加えた。

www.nikkei.com

  • 金融庁は10月から、仮想通貨取引所の監視に乗り出す。司令塔となる「仮想通貨モニタリング長」ポストを設け30人規模の専門チームを設置し、現在、登録業者の審査を進めている。

www.swissinfo.ch

  • 「仮想通貨(暗号通貨)投資家には一つのタイプしかない。皆、もっと買っておけばよかったと思うのだ」。こう語るのは、ビットコイン・スイスの創設者ニクラス・ニゴライスンさんだ。
  • 「つい最近までは、金融機関でクリプトプロジェクトに関わる人が、その機能を知るために個人的にビットコインを買っていた。しかし、今年は機関そのものが仮想通貨に投資するようになった」
  • チューリヒプライベートバンク、フォントーベル銀行は昨年、ビットコインを購入せずにその値動きに投資できる追跡証明書の発行を始めた。業績は好調で、4月の投資金額は170万フランから1800万フランに激増した。

kabutan.jp

  • ダイモンCEOは投資家会議において「ビットコインは良い終わり方はしないだろう」と述べ、バブルがはじけると指摘したほか、「これは詐欺であり、世界最古のバブルと言われる17世紀に発生したオランダチューリップバブルよりも悪い」とコメント
  • 同社所属のトレーダーがビットコイン取引を始めたとしたら、「即座に解雇するだろう。理由は2つ。当行の規則に反する上に愚かでありいずれも危険なこと」

www.sankeibiz.jp

  • 100社以上の企業が参加するブロックチェーン連合を率いるR3は8日、リップル・ラブズを米デラウェア州の裁判所に提訴した。リップルの仮想通貨「XRP」のオプション契約に同社が違反とR3は主張。
  • 2016年9月に結ばれた契約はリップルがXRPを0.0085ドルで50億単位相当売却する契約になっていたが、同通貨が0.2293505ドルに高騰すると、同社のブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者(CEO)が履行を渋ったとし、同社側に「一方的に契約を打ち切る権利」はなかったとしている。

www.nikkei.com

  • SBIホールディングス傘下のSBIリップルアジアは2017年度内をめどに、日本と韓国の銀行間で仮想通貨を使った送金実験を始める。複数の参加者が取引履歴を共有し認証し合う「ブロックチェーン」の活用により、いつでも低コストで送れるのが特長。日本で先行する仮想通貨技術による銀行間送金を韓国でも導入し、日韓間の海外送金にまで広げる。

www.bloomberg.co.jp

  • 中国の監督当局が国内のデジタル取引所の閉鎖を命じたとの報道が嫌気された。

news.nifty.com

  • 「天からお札が降ってくる」ICOがもたらす収益率は、一般投資家の常識を徹底的に覆した。『網易科技』は、あるベテラン投資家の言葉を引用して次のように総括している。「ICOの暴利は既に麻薬密売を上回った。帳簿上の数字はウナギ登りで、『天からお札が降ってくる』ようだ」
  • 追夢者基金(ドリームファンド)創始者、創新谷(イノバレー)創始者の朱波は微信(ウイーチャット)モーメンツで「深く知り、理解すればするほど、ひやりとさせられる」として次のように指摘していた。「1年たたないうちにICOというこの巨大なバブルは崩壊すると思う。なぜなら、現在、ICOを大量に発行している会社は、その大部分のプロジェクトと会社は、いずれも現在の主流投資家から先行きは良くないとみられており、健全でないICO発行プラットフォームはプロジェクトと会社の質を全く顧みず、狂ったように手数料を集めようとしているからだ」

www.nikkei.com

  • 日本でも日銀や金融界を中心に「第2の円」ともいえる安全なデジタル通貨の活用論が広がってきた。

gigazine.net

  • 記事作成時点でDeadCoinsには572種類もの「死んだ仮想通貨」が登録されていましたが、仮想通貨の乱立状況を考えれば、今後もますます情報が追加されていきそうです。

jp.reuters.com

  • エストニア政府が仮想通貨「エストコイン」導入を検討していることについて、ユーロ圏ではユーロが唯一の通貨だとして、これを批判
  • ユーロ圏を構成する国は独自の通貨を導入できない。ユーロ圏の通貨はユーロだ

adgang.jp

  • ビットコインの中核技術を原型とするデータベース・Waves Platformより発行されているこの通貨、バーガーキングでフードやドリンクを購入したレシートをスキャン・送信すると受け取ることができるそう。(1ルーブルごとに1Whoppercoin)

www.businessinsider.jp

  • ビットコインを「バブルの素晴らしい事例」と呼び、そこに「疑問の余地はない」と語っている。
  • 「デジタル化とコンピューターへの根本的で深い不安があり、人々はこの新しい世界での居場所に悩んでいる」

kabutan.jp

  • 実は、ICOの規制を始めたのは中国だけではない。シンガポールは既に規制に乗り出しており、7月25日にはアメリカ証券取引委員会 (SEC)も、具体的な停止等の措置はしていないがICO投資に関する注意点をまとめた声明を発表して投資家への注意喚起を行っている。中国と時を同じくして、韓国でも同様の規制を行うことも発表されている。
  • こうした規制はむしろICOプロジェクトの健全化を促進するのではないかとポジティブにとらえる向きもある。今回の中国の規制も仮想通貨の取引自体を否定するものではなく、直近2日間において中国の仮想通貨取引所における人民元建ての仮想通貨取引は継続して行われているようだ。

jp.reuters.com

  • SECは7月、投資家保護のため、ICOも通常の証券発行と同様の規制対象とするべきだと表明。中国当局も、投資家保護を念頭に置いてはいるが、仮想通貨の国家管理を目指す意図も透けて見える。
  • 中国当局は、管轄外でシャドー通貨(影の通貨)が急拡大することを快く思っていない。実際、人民銀行の周小川・総裁は、人民銀行が将来、仮想通貨を通じてマイナス金利を実現することも可能ではないかとの期待を示している。そうなれば、当局はこれまで以上に柔軟に金融市場を管理できることになる。

www.sankeibiz.jp

  • セコイア・キャピタルとIDGキャピタルは、北京を本拠とする世界最大のビットコイン・マイニング(検証作業による仮想通貨創出)企業、ビットメイン・テクノロジーズに出資する。複数の関係者が明らかにした。

  • 関係者の1人によると、ビットメインは、中核投資家に対する存在感を高めるため、ベンチャー投資会社数社から5000万ドル(約54億7600万円)を調達する。

www.bloomberg.co.jp

  • ヒルトンさんは3日のツイートで、リディアンコイン社が行う「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」に参加するのが楽しみだとコメントした。リディアンコインはオンライン広告会社グラビティ4が運営・展開する「人工知能(AI)主導のデジタルマーケティング・広告サービスの購入を仮想通貨で可能にするユーティリティートークン」だと説明している。

www.gmo.jp

diamond.jp

jp.reuters.com

  • 意思決定機関に近い筋によると、ICOの禁止は仮想通貨の規制強化の始まりにすぎないという。

www.mag2.com

  • 現在ビットコインライトコインリップルなどの仮想通貨の取引量が世界最大規模となっている取引所のひとつである韓国のbitHumbが8月21日にモネロの取り扱いを開始することを公表したことが挙げられる。
  • 韓国では今後数ヶ月以内にサイバー攻撃やハッキングなどから消費者を保護するため電子取引法を改正する見通しであり、この改正によって仮想通貨にも一定の法的立ち位置が生じる予定である。こうした要素がポジティブに作用し、今後さらに取引が拡大することが予想される。
  • 30日には、モネロを個人間で売買するためのマッチング・プラットフォームであるLocal Monero.coというサイトが立ち上がった。これにより、取引所を介することなく個人対個人が直接モネロを交換することが容易になる。ビットコインには以前からLocal Bitcoins.comという全く同じコンセプトのサイトがあり

www.nikkei.com

  • 北朝鮮情勢への警戒からビットコインを自国通貨の代わりとみなす傾向のある中国の個人投資家などの買いが強まっていたが、中国当局が前日4日、「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」と呼ばれる仮想コイン(トークン)を活用した資金調達を禁止すると突如発表した。ICOではビットコインなど仮想通貨を調達するケースが多いため、ビットコインの需要減少を意識した売りが膨らんでいるようだ。

www.itmedia.co.jp

jp.sputniknews.com

  • 仮想通貨の「採掘」に関する計算プロセスであるマニングは電力消費を数倍増加させるほか、室内の温度を著しく上昇させるため、他の住宅居住者たちにとって危険な可能性がある

forbesjapan.com

  • ビットコインの価格に連動する投資信託ビットコイン・インベストメント・トラスト(GBTC)」はここ12か月で価格が10倍になっている。過去3か月だけを見ても、80%以上値上がりした。一方、金価格に連動した上場投資信託ETF)のSPDRゴールド・シェアの基準価額は、過去12か月で0.68%下落している。
  • ビットコインには、少なくともミレニアル世代にとっては、金より優れていると考えられるいくつかの利点がある。この世代はベビーブーマー世代よりも、仮想通貨をよく理解しているためだ。ビットコインは金とは異なり、世界のどこでも利用できる便利な決済手段なのだ。
  • 投資家たちは、特に仮想通貨をよく理解していない人たちは、仮想通貨を金に代えてポートフォリオに加えることを、急ぐべきではない。大国の政府がビットコインを厳しく規制し始める可能性があることも、常に考慮しておく必要がある。

blogos.com

  • 「投資で儲かるのは何かを発見したときだ」これはウォール街の格言です。
  • Push backは「知識ギャップ」ないしは「情報ギャップ」から生じることが殆どです。つまりPush backしている奴は、新しいコトやその重要性に気付いていないのです。この「知識ギャップ」こそが、profit、すなわち利益機会の源泉です。
  •  

    この知識ギャップは、喩えて言えば白いカンバスです。その「知識」の空白を埋めてゆく作業が投資に他ならないのです。

kabutan.jp

  • ライトコインの急激な価格上昇の背景には韓国市場の取引量急増も重要な要素のひとつとなっていると見られる。韓国最大の仮想通貨取引所Bithumbによる韓国ウォン建てのライトコイン取引は、8月29日時点でライトコイン取引シェアの24.32%を占め世界1位となっていた。30日時点では、これに加えて中国の取引所OK CoinとHuobiによる人民元建ての取引も急増している。
  • 仮想通貨バブルの最中に参加する形となっている韓国だが、この7月初めに与党政治家が、バブル崩壊やハッキング等のサイバー攻撃など想定されるリスクから消費者や投資家などを保護するための電子取引法3つの改正案を提出し、今後数ヶ月で可決される見通しであると報道された。これによって韓国での仮想通貨取引に対して法的な立ち位置が生まれることになるが、取引所が規制当局の承認を得る必要が生まれるなどのルールの厳格化によって取引量が減少するのではとの危惧もあった。

www.sankei.com

  • BTCは国家が発行する通貨と異なり、特定の地域情勢の影響を受けにくく、金のように「有事」に買われやすい。

jp.reuters.com

  • 規制当局が仮想通貨による資金調達について新たな規則を準備中で、規制が導入されるまでこうした資金調達を禁止する可能性があると報じた。

www.zakzak.co.jp

  •  電子政府の延長で、「エストコイン」(estcoin)という仮想通貨を発行し、デジタル国家建設のために使うともしている。これはICO(Initial Coin Offering)といわれるもので、仮想通貨を使った資金調達である。株式の代わりに仮想通貨を発行するのだが、国であるので、政府通貨発行によって通貨発行益(発行額から必要経費を控除したもので、ほぼ発行額)を財政支出に使うのと、基本的には同じである。
  • 発行した紙幣の通貨発行益は欧州中央銀行に帰属するので、各国財政が通貨発行益で直接的に潤うわけでない。その場合、各国は、少額コインの発行によって通貨発行益を受けるよりも仮想通貨を発行したほうが、より大きな通貨発行益の可能性がある。

jp.sputniknews.com

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

speculator.hatenablog.jp

speculator.hatenablog.jp

speculator.hatenablog.jp