仮想通貨201708

www.bloomberg.co.jp

  • ビスポーク・インベストメント・グループは、ビットコインの上昇と、1990年代後半のテクノロジー株などのバブルとを対比した。ほとんど比較にならなかった。テクノロジー株の上昇率はバブルの全期間を通じて約1000%だったが、ビットコインの上昇率は既にその2倍となっている。

www.bloomberg.co.jp

  • 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)の沈聯涛首席顧問は、「中銀に仮想通貨を砂場で遊ぶおもちゃのように扱う余裕はないはずだ」とし、「脅威をもたらしかねない真の新興勢力として認識すべき時期だ」と付け加えた。
  • 中国人民銀行は世界で初めて仮想通貨を発行する中銀に一歩近づいている。プロトタイプの試験運用を既に済ませたからだ。日本銀行欧州中央銀行(ECB)は仮想通貨を支える分散型台帳技術を市場インフラに活用する可能性について、共同研究プロジェクトを始めた。また、オランダ中銀は仮想通貨の理解を深めるため、内部のみで流通する独自通貨をつくったほか、ロシア中銀もビットコインに次ぐ仮想通貨2位のイーサリアムに関心を示した。米国でも銀行や当局が同技術を研究している。

www.sankei.com

  • 危機を乗り越えたBTCにとって追い風となっているのが北朝鮮情勢の緊迫化だ。「投資回避先の一つとしてBTCが選ばれた」(国内取引所幹部)とみられ、さらに買いが集まって価格を押し上げている。

apptimes.net

  • アラブ首長国連邦UAE)大手の国際送金サービス、UAEエクスチェンジがRipple(リップル)社との協議を行い、送金システムを合理化させるために提携
  • 2017年2月には、NBAD(ナショナル・バンク・オブ・アブダビ)がリップルのソリューションを導入したことも記憶に新しい。アラブ首長国連邦の2016年の国際送金額は190億ドル(約2兆円)を超え、世界第4位の送金国に位置しており、このような規模の国際送金サービスの市場をリップルがリードしていくことになれば、ますますXRP流動性が高まることが期待

www.nikkei.com

kabutan.jp

  • チリ最大のビットコイン取引所であるSurBTCは、ペルーの消費者に対して仮想通貨の取引サービスを提供する可能性があると発表した。仮想通貨の取引は、ビットコインイーサリアムのみ取引が可能で、9月30日までは取引手数料無料でサービスを提供する。それは、ペルーの投資家を引きつけるための策である。

kabutan.jp

  • 「仮想通貨は鍵を閉めて閉じこめ続けておくことはできず、仮想通貨は進化し続けるだろう」とIgorShuvalov氏。「しかしそれは、国家経済に害を及ぼさない方法で進歩すべきだが、むしろ経済は強化されるはずだ」

www.bloomberg.co.jp

  • リップルがウェブサイトに掲載した発表資料によると、「スウェル」と呼ばれるイベントが10月16日から3日間にわたりトロントで開催される。過去に仮想通貨に懐疑的な見解を示していたバーナンキ氏が、クリントンオバマ両政権で国家経済会議(NEC)委員長を務めたジーン・スパーリング氏と対談する。

www.nikkan-gendai.com

www.bloomberg.co.jp

  • ブロックチェーンは、素晴らしいアプリケーションが生まれ得る土台となるプラットフォームだとかねて考えていた」とし、そのようなアプリケーションが「幾つか見つかるといいと思っている」とコメント
  • 1コンファメーションは、最近数多く誕生した仮想通貨投資のヘッジファンドとは違う道を行こうとしている。「新規仮想通貨公開(ICO)」時や流通市場で電子通貨に投資するのではなく、ICO前の段階の企業に10万ー50万ドルを投資し製品開発を後押しする計画だ。ICOで通貨を発行する準備が整った段階で、交渉によって割引価格で引き受けることを目指す。
  • ビットコインやその他の仮想通貨の内在的な価値を決めることは難しい」が、それは「ブロックチェーンから生まれ得るアプリケーションとは無関係だ。問題は素晴らしい企業に資金を出して育てることができるかどうかで、私はできると考えている」

www.mag2.com

  • リップルの取引量全体のうち46.57%が韓国の取引所BithumbにおけるXRP/KRWの通貨ペアで行われており、24時間以内に米ドル換算で7億米ドル以上の出来高に達している。これにCoinone、Korbitなどの韓国取引所が続き、リップル全体に占めるKRWの取引は23日時点で76.05%にも及ぶ。
  • アリババがアリペイにブロックチェーン技術を使用することに興味があることが確認され、特に目下中国で拡大するクロスボーダーeコマース(越境EC)においては低コストかつ高速な決済処理が求められている現状がある以上、リップルが中国市場と提携する可能性は高まっているといえる。中国の越境ECは現時点で全外国通商の20%近くを占めるといわれる巨大市場でもある。

japanese.joins.com

  • 誕生初期に騰落を繰り返し300ドル台で安定化するかと思われたBCH価格は17日から急騰し始めた。19日には取引時間に一時1000ドルに迫った。韓国最大の仮想通貨取引所のビットサムではこの期間に33万ウォン台から136万ウォン台まで急騰した。価格急騰の引き金を引いたのは世界最大のビットコイン採掘業者であるビットメインのウ・ジハン代表だ。ウ代表のビットメインが主導する「採掘集団(マイニングプール)」は世界のビットコイン採掘量の20%前後を占めている。
  • 米国や日本、さらに中国すらも数年かけて仮想通貨市場が大きくなったのに対し、韓国は今年の春に市場が急成長した。新たに流入した投資家の大部分が短期差益を狙う投機勢力とみられる
  • 規制ができる前に韓国の派生市場は取引量基準で圧倒的な世界1位だった。いまは規制のない、投機的性向が強い仮想通貨市場に資金が集まっており、投資をしようとする人は留意しなければならない
  • 韓国3大仮想通貨取引所であるコインワンのキム・ジンヒョン氏は、「異常なトラフィック発生の有無をリアルタイムでチェックしているが、どのような異常な動きも観察できなかった。現在まで特定勢力が仮想通貨相場を操作するケースは見つかっていない」

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

www.nikkei.com

  • ここ数日は取引を承認する採掘者であるマイナーの関心がBCCに集まっている

apptimes.net

  • 一回目に「3… 2… 1… The countdown begins」とツイートし、その後に続けて「3 days of mind-blowing content and speakers」とツイート
  • ユーザーの間ではこれまでしばらく停滞していた相場が動き出すと期待の声が散見される。
  • 主に国際送金のネットワークとして銀行間で利用されるXRPだが、先にルーマーとしてアリババとの提携も飛び交っていた。これは現時点では実現に至らずこの話題も風化されている。その他にも中国進出の話や、SBIバーチャルカレンシーズで基軸通貨として扱われるといった話も見られ、これが実現されれば流動性が高まることも期待できる。

www.nikkei.com

  • ヘッジファンドたちの今の最大の関心はビットコインだ」
  • 世界の株や債券、為替の売買を手掛けてきた顧客のあるヘッジファンドは6月に仮想通貨の投資を開始。7月までに運用資産の数%をビットコインを含む仮想通貨に投じたという。
  • ヘッジファンドの間で現在流行っているのが「1%投資法」。資産の1%を投じた場合、丸ごと失っても大きな損失にならないが、何倍にもなればリターンは大きい。
  • ビットコインの取引の中心は日本などの個人だったが、最近ヘッジファンドが投資を始めた。米ファンドのフォートレス・インベストメント・グループの元マネジャー、マイケル・ノボグラッツ氏は運用資産の1割をビットコインに投じた。
  • 仮想通貨取引所を運営するリミックスポイントの小田玄紀社長は「北朝鮮情勢が緊迫した8月に入り、売買が増えている」と指摘する。韓国では仮想通貨で時価総額2位のイーサリアムの売買が急増。一部はビットコインにも流れる。韓国ではもともと個人が値動きの激しい資産への投資を好む傾向が強く、韓国ウォンからの資金待避のニーズに仮想通貨への投機熱が重なったようだ。
  • 銀行や保険会社など機関投資家ビットコイン投資の「予備軍」だ。ただこれらの企業は「会計規則が整備されないと投資できない」(生命保険会社幹部)

www.nikkei.com

www.bloomberg.co.jp

  • ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズの共同創業者でJPモルガン・チェースの元米株ストラテジストのリー氏によると、ビットコインの価格は2018年半ばまでに6000ドル(約66万円)に達する可能性がある。ユーザーアカウントは50%増加し、1アカウント当たりの利用は3割増える可能性が高いという。
  • ビットコイン機関投資家の支援や取引プラットフォームの改善、一般の普及を背景に2022年までに2万5000ドル程度に達するとリー氏は引き続き予想

www.bloomberg.co.jp

www.bloomberg.co.jp

  • 「何千年にもわたり、金はいかなる状況でも価値の保存手段としての能力を発揮している。それとは対照的に、世界のビットコインのプラットフォームには文字通り継続性が必要だ」
  • 「この未成熟な通貨がインフレと情勢不安に対するヘッジ手段として金よりも優れているという一般的な見方は、なお試される必要がある」

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

www.mag2.com

  • 先週末から今週頭にかけての価格高騰には、11日に世界最大規模のビットコイン取引量を持つ取引所のひとつであるBitfinexが発表した取引サービス変更のアナウンスも影響している可能性がある。Bitfinexは、規制当局との衝突のリスクを理由に90日以内に米国個人ユーザー向けのサービスをすべて停止すると発表した。同社が今年4月に米ドルの入出金を停止した後、ビットコイン価格は一時買い需要が高まり価格が上昇したという経緯がある。今回の米国ユーザー向けのサービス停止がビットコインの買い需要を増長させた可能性はあり得る。

apptimes.net

  • リップルGoogleSBIホールディングスが出資をしていることでも知られている。また、リップルは銀行での送金システムなどを含めばポテンシャルも高く、バンク・オブ・アメリカMUFG、SBIグループなど大手がこぞって国際送金での活用を見出しており、その芽が生えれば先の高値を取り返すことも十分に考えられる。しかしリップルは短期的に稼げるような投資スキームでもないし、価格推移は必ずしも材料と結びつけるものでもない。
  • リップル社のエミ・ヨシカワ氏が米CoinDeskの取材に対し、中国は国際送金ネットワークの市場として重要であるとし、進出を考えていると語った。また越境での決済額は年間5兆ドルにものぼるという。

www.sankeibiz.jp

kabutan.jp

  • CX ビットコインは最近、歴史的な高値を記録しています。彼らは分岐しました。たくさんの出来事も起こりました。私はビットコインがもっと社会的に注目を集めたいのではと思っていますが、中国における認知度は依然として非常に低いです。大部分の人々は、70?80%との人々は、ビットコインについてまったく聞いたことがありません。

kabutan.jp

  • MarkCook@thetafferboy$100はバブル。$1000はバブル。$2000はバブル。
  • RoryCellan-Jones@ruskin147そうです。チューリップの球根は今$4000で売られていて、$100に到達したときから我々はバブルだったと言っています。
  • JamesClark@mr_james_c問題は、我々がただ“賢いものは言わずしてやる”グループから、”少し揺れ動きやすい”大衆へと変化しているだけのことです。

www.mag2.com

  • ビットコインETF(上場投資信託)化の試みは、アメリカで数年前から進められている。フェイスブックの設立に関わったことで有名なウィンクルボス兄弟の「Winklevoss Bitcoin Trust」は最初の申請から数年後の2017年春に、「監視共有契約の欠如」や「市場の規制が必要」等の問題点を指摘されて却下された。まだ不安定且つ未成熟な市場であるとの判断が下った
  • 米国最大のオプション取引所であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、ビットコイン先物オプション商品を2018年初めまでに上場すると発表して現在米商品先物取引委員会(CTFC)の審査結果を待っている。
  • CBOE は、ウィンクルボス兄弟のGemini Trust取引所と提携し、子会社とその関連会社が同取引所のマーケットデータを使用してビットコインデリバティブを作成するという独占的なグローバルライセンス契約を締結したと発表した。
  • 2017年7月、ニューヨークに拠点を置くLedgerX社が、3年に渡るCFTCによる審査の結果、仮想通貨のスワップオプション取引を扱える業者として正式に認可された。

jp.techcrunch.com

  • では次に何が起きるのか? 誰にもわからない。bitcoinは、明日50%暴落して2000ドルになるかもしれないし、5000ドルに跳ね上がるかもしれない ―― そして事情を知る人たちはどちらになっても驚かない。誰もが違う意見を持っている ―― バブルは膨らみすぎで数か月前に弾けるべきだった、と言う人もいれば、今のbitcoinは将来取引される価値の数分の一に過ぎないと言う一つもいる。

www.bloomberg.co.jp

  • 今年に入って3倍強に値上がりしているビットコイン機関投資家がこれらを無視することはますます難しくなりつつあるというのがゴールドマン・サックス・グループの見解だ。「仮想通貨に投資することの利点を認める認めないにかかわらず、大きなマネーが動いていることは確かで注視する必要がある」と、ロバート・ボロエルディ、ジェシカ・ビンダー・グラハム両氏らアナリスト

  • ゴールドマンは、機関投資家が仮想通貨を買うべきかどうかという問いの答えは示していない。

www.newsweekjapan.jp

  • ビットコインの熱心な支持者らは、仮想通貨は単に金持ちになる道具ではなく「人々を自由にする」ものだと確信している。ビットコインによる取引を可能にする技術ブロックチェーントークン(代用貨幣)を使えば、銀行や政府に自分の身元や残高を知られずに取引ができるため、経済的な自主性を手にできるというのだ。
  • 多くの専門家は仮想通貨がカネの概念を根本的に変えるという考えは甘いと言う。ビットコイン財団の共同創設者で、仮想通貨に関連する法律の専門家でもあるパトリック・マークもその1人。「ブロックチェーンは拡張性があまりない」と、マークは指摘
  • ビットコインが国際通貨の地位を手にするほどに拡大しても、通貨政策を決めるのは結局、各国政府だ。異なる仮想通貨による覇権争いも予想される。実際、中国やロシアは既に独自の仮想通貨の開発を行っており、アメリカとの競争が考えられる。拡張性といった技術的な問題に関係なく、ビットコインの未来は政治で決まるのだ。
  • 「カネは国家が創造したもので社会的現象にすぎない」と、マークは言う。「カネと国家を分裂させることはできない」

jbpress.ismedia.jp

  • 経済・金融を専門とされる研究者も、フィンテックは軽い話題の1つとしてご覧になるケースがまだ大半と思われます。貴重な先駆例・・・野口悠紀雄さん、岩村充さんのお2人が頭ひとつ抜きん出ておられますが 、なかなかその先はまだ人が集まった感が少ない。
  • 野口さんは1940年生まれ、岩村さんは1950年、いずれもシニアの世代なのには理由があると思います。こうした対象を扱って、論文を安定して書き綴るような状況まで、まだ学会が成熟していない。方法も確立していないし、昨今の、ガチガチに業績評価で縛られ、有期雇用で脅されて、無理やり粒を小さくさせられている若い世代の研究者が、必ずしも気軽に入って行けない分野になっている可能性がある。

  • これって本質的におかしいですよね?まさにいま目の前で起きている世界史的なイノベーションの課題に、本来は高等学術を強化するために導入された制度が、一大制約条件となっている。

www.nikkei.com

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

apptimes.net

  • BaaS系のスタートアップ企業Node40が、ビットコインユーザーを対象にした仮想通貨の申告アプリをリリースしたことが分かった。
  • 多くのビットコインユーザーは税務処理に関して知識が浅く、米コインテレグラフによると、ビットコインの取引をしているユーザーは数百万人と存在するものの、毎年税務申告を行っている米国のユーザーは100人程度しかいないという。

www.nikkei.com

jp.techcrunch.com

  • 株式での調達は事業体のキャッシュフローの割引現在価値を表す(ざっくり言えば、事業体が金を稼いでいるか、今後稼げるか)ことに対して、トークンでの調達はネットワーク全体の価値を表す(事業体が稼げるかだけでなく、ソーシャルグッドなアクションをすることで価値が高まることなども価値になる)

kabutan.jp

  • COMSAは企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化、Zaif取引所、コントラクト実装、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートするスキームとなる。

www.mag2.com

  •  日本の場合は、そのあぶくがなかったんで、「そういうあぶくを作んないと盛り上がんないな」ってことで、まずはモナーコインだったりnemっていう仮想通貨を盛り上げたんです。それが割とうまくいって、nemなんか価値が1000倍ぐらいになったんで、その次に目を付けたのがトークンエコノミーなんですよ。トークンエコノミーっていうのは、要はビットコイン上の上場なわけですよね。ICOとかクラウドセールって言われる……正確にはクラウドセールなんですけど。実際は議決権とかがなかったりだとか、配当とかもなかったりするから、別に株でもなんでもないんだけど、どっちかというとトレーディングカードに近い感覚ですね。それで僕も2年前にICOに参加したんですけど、それがもう買った時から数百倍に上がってるんですよ。
  • もちろん、うわぁと盛り上がったら、どーんと下がる時はあるけれど、10年スパンとか長期的なトレンドで考えると、「こんなもんじゃねぇだろう」って思うんですよ。

www.nikkei.com

ソフトフォークは仕組みの名前じゃないよ・・・。

  • ビットコイン取引急増による決済遅延に対する解決策がまとまらず、中国勢など一部の利害関係者が「分派活動」に乗り出した格好だ。
  • 中国のマイナー(採掘業者)のヴィアBTCが宣言通り「ハードフォーク」(強制分裂)を仕掛けたのだ。
  • 「コア」と呼ぶビットコインの開発者グループは台帳のサイズを変えずに書き込む文字を小さくして情報量を増やす「ソフトフォーク」という仕組みを主張してきた。だが、この案だとマイニングシェアの3分の2を握る中国勢が受け取る手数料が減ってしまう。このため、中国の複数のマイナー勢は台帳そのものを大きくする案を主張。ヴィアBTCがその先陣を切った。

www.mag2.com

  • 貿易産業機関は、繊維、電子機器、自動車部品などの223の関係者に、ビットコインのインドでの影響を調査した。調査に応じた人のうち97%がビットコインを知っていたが、使用率は低い状況であることが分かった。
  • PHD商工会議所のGopalJiwarajka代表は次のように述べる 「ビットコイン取引における取引相手に関する情報の欠如は大きな欠点であり、マネーロンダリングなどの意図しない取引につながる可能性がある。」 
  • インド準備銀行(RBI)は、デジタル通貨について調べ、その通貨がデジタル経済を促進するためのツールであるかどうか見極めるべきであるという。・・・「我々はビットコインを支持しているわけではありません。しかし、業界の拠点として、私たちは議論を進めています。RBIは、人と人、人と企業の間の取引がわずかなコストできるように、暗号通貨がプラットフォームを作成できるかどうかを見なければなりません。」

speculator.hatenablog.jp

speculator.hatenablog.jp

 

 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin