Vc

diamond.jp

  • 「Segwit」が導入されることにより、容量は約2倍に増え、処理能力が上がる。しかし、2倍に増やした程度では容量はいずれ一杯になってしまうだろう。では、どうしたらよいのか? この問題を解決する切り札は、ブロックチェーンの外で取引をする「ライトニングネットワーク」だと考えられている。

  •  ウェブにおけるコンテンツの有料配布などのためには、マイクロペイメント(少額の送金)の仕組みが必要だ。だがビットコインをそのまま使うと、取引ごとに少額ではあるが手数料がかかるため、実用になりにくい。この問題を解決する1つの方法は、サービス提供者のサーバーにビットコインを「預託」しておく方法だ。その中から、必要に応じて少額のビットコインを、その都度支払うのだ。この取引は、いちいちブロックチェーンに書き込むことによって行なうのではなく、サービス提供者がサーバーのデータを書き換えることによって行なう。この方法は、現在でも、ビットコインの同一取引所内の口座間取引で、実行されている。しかし、この方式では、サービス提供者を信用することが前提だ。これに対して、・・・第三者たるサービス提供者なしにマイクロペイメントを実現する方式だ。このシステムでは、取引相手を信頼する必要がない

  • 第1は、「マルチシグ」(multisig)だ。複数人が署名することで、はじめてビットコインを利用できるようにするやり方だ。

  • ブロックチェーンをいわばインフラとして使用し、いちいちの細かい取引はその外で行なおうというものだ。これによって、ブロックチェーンへの負荷を軽減するのである。
  • 上記のマイクロペイメントチャネルは、A→Bのように直接につながっている二者間での取引に限定される。別の人と取引をするには、新たにチャネルを開く必要があり、効率が悪い。そこで第三者を経由して、ペイメントチャネルでつながっている人であれば、誰にでも送金できるようにしたい。これを実現するのが、「ライトニングネットワーク」(LN)だ。

  • ビットコインには、電子署名の一部を変更することによって、取引内容はそのままにして、取引IDを変更できてしまう「トランザクション展性」という弱点がある。これに対処するには、取引の入力側にある「scriptSig」(取引に関する送信元の情報)の署名データを分離・格納する「Segwit」と呼ばれる仕組みを実装することが必要となる。このように、ライトニングネットワークのためには「Segwit」が必要不可欠なのだ

  • 以上のような仕組みは、「レイヤー2」とも言われる。ビットコインを機能させているブロックチェーンをインフラ(レイヤー1)とみなし、その上にレイヤー2を作るのだ。

apptimes.net

  • XRPはSBIグループなど大手企業や銀行が送金ネットワークとしての価値を見出しており、今回の相場は気にするような低下ではないと考えられる。その後、価格の上下を続け現在は0.165ドル(約18.2円)を推移している。リップルには短期での利益を求めるより、長期的なホールドがいいかもしれない。また、近くRipple社に出資しているSBIホールディングス傘下のSBIバーチャルカレンシーズが国内で、SBIMAXが香港での仮想通貨取引所として設立予定もあるので、このあたりで価格が上昇すると予測される。
  • ビットコインにSegwit2xの案が採用され、それまで代替的に買われていたが、またビットコインに戻ったとの見方がされている。
  • ネムは潜在的な価値が高いと考えられており、もう一段落したらネムも大きく値を上げていくといった見解もある。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

www.bloomberg.co.jp

  • 仮想通貨のデータプラットフォーム「クリプトコンペア」を運営するチャールズ・ヘイター氏によれば、ビットコインの価格は新たなコインを割り引くことで分裂を反映すべきだという。同氏はそれを株式トレーディングの配当落ちになぞらえた。

www.mag2.com

  • ネム(NEM)とはNew Economy Movementの略で、2017年内に「カタパルト(Catapult)」と呼ばれるプロジェクトにおいて、性能向上のための仕様一新を図ることが予定されている。これに伴い、取引処理能力の拡大の他、ネムのブロックチェーン技術を企業などがより導入しやすくなるような改善がなされると発表されている。また、オーストラリアのBlockchain Globalというブロックチェーン企業と提携して研究開発本部を開設し、グローバルな展開を目指す動きが見られる。現在ネムを取り扱う海外の取引所は少ないものの、ヨーロッパや東南アジアなどの各地でネムのミートアップが開催され始めており、今後取り扱いが広まってゆくのではないかという期待感が高まっている状態のようだ。

apptimes.net

  • 7月31日にRipple社が発表したところによると、ILP(Interledger Protocol)でのネットワークに加えて、xRapidという送金業者向けの新しいプロダクトにより、XRPを使いさらに流動性を高めていくという。現在、Rippleの国際間での送金ネットワークは銀行など90社以上の顧客に利用され、商業利用でも75社以上がこのネットワークに向けた取り組みを行っているという。

diamond.jp

  • 公平といわれる、ビットコインといえども現実には「米国」の開発者が大きな影響力を持っている。彼らは「コア(開発者)」といわれるボランティア5人で、いままでビットコインのシステムを維持・管理してきた。さらに力を持っているマイナーのほとんどは「中国」に存在しているのが実態だ(マイニングには大量の電力を使うため、電力が安いことも一因)。個人投資家に近い取引所はあまり発言権を持っていない。

www.newsweekjapan.jp

  • チューリヒ(スイス)から南に約20キロ、アルプスの絶景に抱かれた小さな町ツークで、小さな機械が大きな仕事をしている。ここに本社を構えるビットコイン・スイス社が設置した専用のATMだ(スイス全土では13台ある)
  • ビットコインのATMという型破りな発想も、ツークならではのもの。人口3万人の町は暗号通貨ビジネスを引き寄せ、今や金融界でシリコンバレーならぬクリプト(暗号)バレーと呼ばれている。
  • 「私たちが目指すのは金融制度の分散化だ」と、ゲベルスは言う。「世界で最も地方分権が進んだスイスは、私たちの取り組みを脅威ではなくチャンスと捉え、理解してくれる」
  • ユーザーの匿名性を守るビットコインは、麻薬や銃器などの違法取引が横行する闇サイトで使われやすい。「規制の整わない新技術は悪用されやすく、法の網をかいくぐろうとする者も多い」と、米コーネル大学のエミン・ガン・シアー准教授は指摘する。
  • 「スイス経済の規模は小さいから、革新によって競争面で有利な立場を維持することはとても重要だ」と、スイス財務省国際金融担当事務局のアン・セザーは言う。「だからこそ政府としては、重い規制で技術の進歩を遅らせることは望まない」
  • 例えばデンマークの海運会社マースクでは、ブロックチェーンを貨物の追跡に役立てている。同社によれば、東アフリカからヨーロッパにコンテナ1つを輸送するのに現状では最大30人の証印や承認が必要で、目的地に到着するまでに200以上のやりとりを経る場合がある。しかしブロックチェーンを活用すれば書類を減らして手続きを迅速化させ、数百万ドルのコストを削減できる可能性がある。
  • ブロックチェーンの普及が進めば、当局はその安全性と信頼性を確保する規制を急がねばならない。「こうしたシステムには大きな利点があるが、多くの脆弱性もある」と警告するのはハーバード・ビジネススクールのカリム・ラカニ教授

jp.sputniknews.com

  • 現在世界銀行は、世界の銀行システムの脅威となる仮想通貨を認めていないという。もし国際取引で金の変換が不必要になると、銀行は稼ぐことができなくなるとバイイチ氏は指摘

www.businessinsider.jp

  • ビットコインやイーサなどの仮想通貨は「本物ではない」とのスタンスを徹底して崩さない。
  • 「仮想通貨は、1) 財政危機に直面したことで、人々が国が管理する通貨の価値を含め、経済の安全性に疑問を抱き始めたことと、2) バーチャルなものに対し、快適さを覚えるミレニアル世代の価値観が入り混じった結果、生まれたものだろう。だが、本物ではない」
  • 「楽観主義が継続する限りは、問題ないだろう。だが、状況が悪化した場合の信頼性は極めて低い。危機の中、人々が代わりにドルや金を持ち始めたら、ビットコインの価格や流動性はどうなるだろう? 」

www.businessinsider.com

forbesjapan.com

  • これまでプロトコル開発の中核を担ってきたコア開発者が「SegWit2x(またはニューヨーク協定)」と呼ばれる今回の協定に誰も署名していないことだ。また、協定はまずSegwitをアクティベートし、90日後にブロックサイズを1MBから2MBに拡張するという段取りになっており、2つ目のステップが実行されるかは不透明だ。ブロックサイズの拡張は11月に予定されており、そのタイミングでビットコインが分裂するか否かが決定することになる
  • 「異なる状況下であればハードフォークでも問題ないが、今回に関してはビットコインの分裂リスクが高まるだけでなく、これまでのプログラムやビットコイン、契約などが使えなくなる可能性がある。ハードフォークの脅威が高まるたびにマーケットは暴落する」

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

www.bloomberg.co.jp

  • ヘッジファンドのFBGキャピタルでパートナーを務めるリウ氏(30)は「従来型の投資銀行ベンチャーキャピタルはこの分野を注視する必要がある。非常に大化けする可能性がある」
  • 「従来の金融セクターと異なり、上限や障害がない。創造力が膨らむ」

www.mag2.com

  • ライトコインの開発者であるチャーリー・リー氏が、それまで勤めていたビットコイン企業Coinbase社のエンジニアリング・ディレクターを辞任し、ライトコインの開発と改善に専念すると2017年6月に発言した。

  • リー氏はビットコインの販売・取引所やウォレットサービスなどを幅広く手掛けるアメリカの大手ビットコイン企業Coinbase社でのキャリアの間、開発チームを率いてウォレットのプラットフォーム改善やデジタル通貨交換の効率性、柔軟性、機能性を高め、大きな成果を上げたと評価されてきた。そのリー氏がライトコインに専念すると判明したことは期待値を高めた可能性

  • 2017 年4月、Bitmain(Antpool)、BW.com、F2Pool、OKCoinなどの中国大手マイニングプールが、Litecoin Global Roundtable Resolutionという会合で、ライトコインにセグウィット(SegWit、Segregated Witness)という技術を適用するための施策を実行することを発表し、その後無事に適用された。セグウィットとは取引処理能力を高めるための改善案で、元々はビットコインBitcoin)に適用されるために考案
  • ビットコインのセキュリティサービス大手、BitGo社がライトコインのプラットフォームにサービス提供すると発表

business.nikkeibp.co.jp

  • 分裂すると何が起きるのか。基本的にはユーザーが保持するビットコインの量は変わらず、同時に同量のビットコイン・キャッシュ(BCCが付与される。全体の価値が増えるわけではなく、新旧の仮想通貨で価値を分け合うことになる。
  • 過去、仮想通貨「イーサリアム」が分裂した時は、それぞれの陣営が持つ取引情報の処理能力に比例する形で価格が落ち着いた。今回は中国系で市場全体の5%を占めるマイナーが処理能力をBCCに振り向ける方針を掲げる。仮にBCCを支持するのがこのマイナーだけなら、95対5の比率でビットコインBCCの価格が落ち着く計算だ。
  • 両者に技術的な違いはほとんどない。「状況次第でマイナーが雪崩を打ってBCCに向かう可能性がある」(フィスコ仮想通貨取引所の田代昌之ビットコインアナリスト)

www.oricon.co.jp

  • 先行導入した都内2店舗で「大変好評で、想定より非常に多くのお客さまにご利用いただいた」

jp.reuters.com

  • ブロックチェーン(分散型台帳)技術を利用する新参企業は、いわゆる「イニシャル・コイン・オファリング(新規通貨公開=ICO)」を通じ、規制も受けずに即座にデジタル通貨を創出、売却して数百万ドルを調達することができる。これによってVCとの関係は逆転した。
  • VC企業アウトライヤー・ベンチャーズの創設者であるジェイミー・バーク最高経営責任者(CEO)は「VCが手の届かないエリートで、スタートアップ企業にとって主な資金源だった日々は過ぎ去った」
  • 取引所で取引される仮想通貨の相場は公開価格の平均20倍に達している。この数字には上昇率が突出して高い通貨も含まれているため、中央値で見ると3倍となる。
  • 仮想通貨に投資するコインファンドのパートナー、ジェーク・ブルクマン氏は「価値をもたらしてくれるのは、ブロックチェーンの仕組みについて洞察力を備えた人々だ。私の見るところ、VCはブロックチェーンに関して2年遅れている」

www.nikkan.co.jp

  • 9月下旬から10月上旬にかけてビットコインの対ドルのオプションを1ー6カ月物で提供する計画だと説明。イーサリアムの通貨単位イーサを含む他の仮想通貨を対象とするデリバティブもその後予定

LedgerX |

www.bloomberg.co.jp

  • テンXは複数の仮想通貨をドルや円、ユーロといった通貨に即座に両替することができるデビットカードを売り込んでいる。すでに1万枚を超える受注があるという。取引は年2000ドル(約22万円)までと制限されるものの、認証手続きをすれば増額申請も可能だ。
  • 現在は8つの仮想通貨に対応しており、あまり知られていない「ダッシュ」や「オーガー」も利用できるという。

TenX | Making Cryptocurrencies Spendable Anytime Anywhere

  • TenX currently supports Bitcoin, Ethereum, Ethereum ERC20 Tokens (DGX, REP, TRUST,ANT, etc.), Dash - many more are coming.
  • The card now supports eight digital currencies, including the lesser-known dash and augur, and aims to offer about 11 of them by the end of the year.

www.sankeibiz.jp

  • 既に1万枚を超える受注があるという。取引ごとに2%の手数料を課し、取引上限額は年2000ドル(約22万円)で、本人認証手続きにより限度額の引き上げを申請
  • テンXの共同創業者、ジュリアン・ホスプ氏は取材に対し、取引は即座に処理され、仮想通貨を法定通貨に両替する際に仮想通貨取引所が設定する手数料(通常0.15~0.2%)以外に一切費用はかからないと説明した。

www.itmedia.co.jp

  • 新規に参入する人が少なくなって、いまある需要が満たされたという側面がありそうです。バブル期から成熟期に移行した感じですね

www.bloomberg.co.jp

  • 「セグウィット(SegWit)2x」と呼ばれるソフトウエア更新でひとまず回避されるもようだ。だが、ブロックチェーンを構成するブロックの容量倍増が見込まれる11月を前に、再び分裂騒動が起きる懸念はある。
  • (セグウィット2x実施に必要な新枠組み)BIP91が支持されたのは、誰もがこのネットワークを発展させたい良い兆候だ。特に仮想通貨の世界では、向こう数カ月に何が起きるか決して予想できないものだが、ここ数週間に見られた展開全てに私は勇気づけられた。多くの疑問点が解消され始めている
  • その先には依然として、ビットコインがブロックサイズの最大量が別々の複数のブロックチェーンに分裂するリスクはある
  • 仮想通貨取引所GDAXの責任者、アダム・ホワイト「この先、一段と緩慢かつ慎重なペースで動く傾向のビットコインのようなオープンなブロックチェーンと、動きがもっと迅速で開発者に一段と取り組み余地を与えるイーサリアムのようなブロックチェーンが併存するだろう。それぞれが互いを補う存在となり、競合するようにはならないと思う」

www.bloomberg.co.jp

kabutan.jp

  • ビットコイン・キャッシュ」は、日本時間8月1日の21時20分にビットコインから分岐するとされている。このビットコイン・キャッシュの分岐は、特段それ以前に所有していたビットコインの紛失リスクなどを持つものではないとされている。しかしながら、市場に多少の混乱をもたらすことは予想されるため、ビットコインの動向には注意しておく必要がある。

www.bloomberg.co.jp

  • 取り扱い容量引き上げの方策として「セグウィット(SegWit)2x」というソフトウエアが支持されていることを、これまでネットワークの将来をめぐって分裂していたコミュニティーは評価。

www.mag2.com

  • オーストリアの郵便局は、暗号通貨の購入を容易にすることに重点を置いたスタートアップ会社“Bitpandatogo”を通じ、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)、ダッシュ(Dash)の販売を始めた。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

gendai.ismedia.jp

  • ビットコインには、つぎのようなグループが関係している。
  • 第1は「コア開発者」だ。彼らは、ビットコインプロトコルビットコインの取引を処理するためのコンピューターの手続き)を書いている。彼らは、ボランティアで仕事をしている。これがビットコインのインナーサークルとも言えるグループだ。
  • 第2に「取引所」がある。取引所は、ビットコインと現実の通貨を交換している。そして手数料収入を得ている

  • 第3に「マイナー」がいる。彼らは、ビットコインの取引を記録する役割をしている。この作業は「マイニング」と呼ばれるが、それから一定の報酬を得ている。マイニングの成否は、ほとんど「ハッシュパワー」と呼ばれる計算力で決まってしまう。中国のアント・プールなど少数のマイナーによる寡占状態になっている

  • ビットコインにおいては、グループの考えの違いを強権的に解決するのではなく、民主主義的に決定するシステムになっている。
  • 取引所が選ばなかったほうが人気を集めるかもしれない。この場合、取引所が選択したビットコインの価格が下落する可能性がある。つまり、取引所グループは、負ける危険があるのだ。こうした事態を避けるには、自分のワレットでビットコインを管理する必要がある。

diamond.jp

  • 2017年3月中旬、マイナー(ビットコインの採掘者)のグループの間で、ビットコイン・アンリミテッド:Bitcoin Unlimited」への支持が広がった。これは、ブロックのサイズを現在の1メガバイトから拡張する提案だ。・・・約11%のノード(参加者)がビットコイン・アンリミテッドを支持・・・ブロックサイズの拡張なのでハードフォーク

  • ビットコイン・アンリミテッドを推進するのは、世界最大のマイニングプール(複数のマイナーが協力して仮想通貨を採掘する仕組み)であるアントプール(Antpool)の運営元だ。現在、マイニング機械の約7割のシェアを持つジハン・ウー氏率いるマイニング会社ビットメイン(Bitmain)も支持
  • ビットメイン社の製品には、「ASICBoost」と呼ばれる特許技術が用いられており、これがビットコイン・アンリミテッドに使われると、マイニングが圧倒的に有利になるという事情が支持の背景にある。ただし、「Segwit」がアクティベート(実行)されると、ASICBoostが使えなくなるのでビットメイン社も支持したわけだが、アンリミテッドには、「バグ」が発生
  • 2017年3月12日に、「BIP148」という新しい提案・・・(2017年)8月1日以降にSegwitに対応しないブロックは、正当なブロックとして受け入れない。つまり、Segwitに同意しないマイナーが採掘したコインは、取引所で換金しない
  • 8月1日以降も、マイナーは従来のビットコイン(「Segwit」のシグナルをつけないビットコイン)を採掘することができる。複数の取引系列に分岐が起こるが、これはハードフォークではない。ただSegwitのシグナルのないビットコインは取引所が認めないので、価値は低くなるかもしれない。そして使われなくなる可能性がある。

  • そちら側に分岐したブロックチェーンは廃棄されてしまうので、マイナーは報酬を得られない。そう判断するマイナーは、自主的に「Segwit」を採用することになる。ユーザーによるソフトフォーク(UASF)・・・8月1日以前に合意ができて「Segwit」が実行されれば、UASFは起こらない。
  • 3月18日、ビットコイン取引所18社が連名で共同声明を発表し、ビットコインの分裂が起こった場合には、ビットコイン・コア(BTC)をビットコインと認め、ビットコイン・アンリミテッドは、ビットコインとは別の新しい仮想通貨BTUとして扱うと宣言
  • 3月31日にはカナダに拠点を置くビットコイン事業者16社が共同で、ビットコイン・アンリミテッドを拒否し、ハードフォークが発生しても取り扱わないとの声明
  •  5月23日に行なわれた「コンセンサス2017」という会合で、デジタル・カレンシー・グループ(DCG)という団体が、「Segwit2x」と呼ばれる提案・・・80%の合意があれば、「Segwit」を実装し、さらに6ヵ月後にブロックサイズを2メガバイトに引き上げようという提案だ(これは、BIP91と呼ばれる)。つまり、Segwit2x=Segwit+2メガバイトへの拡張である。(当然ハードフォークが発生)

  • 「ニューヨーク協定」と呼ばれ、56社のビットコイン大手企業が賛意を表明・・・「Segwit2x」は、UASFのリスクを防ぐために8月1日より前の実行を目指すとし、7月31日(または、7月21日)までに「Segwit2x」のソフトウェアをリリースすると宣言
  • ビットメイン(BTU派)による声明が6月14日に発表された。それが「UAHF」・・・「UASF」に敵対するハードフォーク計画だ。「Segwit2x」が8月1日までにリリースされなければ、実行すると宣言・・・ビットコイン・アンリミテッドの復活を狙ったもの・・・2017年8月中に上限を2メガバイトに制限したブロックを採掘し、10月をめどに8メガバイトにする。そして、19年8月に16メガバイトまでブロックサイズを引き上げるとしている。
  • 現在、ビットコインの規格の刷新をめぐっては、「Segwit2x」、UASF、UAHFという3つのアプローチが併存
  • 取引所は「BIP148」を支持しているので、仮に「BIP148」が負けると、取引所の口座にビットコインを保管している利用者は、価格下落による損失を被る可能性がある。この事態を避けるには、取引所の口座ではなく、自分のウォレットで持つのがよい。

UASF Working Group

Explainer: What Is SegWit2x and What Does It Mean for Bitcoin? - CoinDesk

https://bitcoinmagazine.com/articles/bitcoin-beginners-guide-surviving-bip-148-uasf/

diamond.jp

  • ビットコインの取引は、10分間ごとに「ブロック」に記録される。1ブロックのサイズは、現在1メガバイトが上限。1秒間に7取引、10分につき1メガバイトまで、1日で最大60万4800取引までしか処理できない

  • これは、他の決済システムに比べると非常に遅い。クレジットカードのVISAやMasterなどは、1秒間で最大4万5000取引まで処理できると言われている。通常は、この10分の1の処理を行なっており、1日あたり4億~5億の取引を処理している。

  • 決済の遅延などの重大な問題に陥ることが懸念・・・ここ数年、ブロックサイズの引き上げの議論

  • 2015年8月、コア開発者(ビットコインソースコード開発者)のマーク・ハーンとギャビン・アンドリーセンが、「ビットコインXT」(以下、XT)を提案
  • BIP101(BIPとは、Bitcoin Improvement Proposals=ビットコイン改善案)と呼ばれるもので、ビットコインブロックサイズの上限を8メガバイト拡張し、その後、2036年までに8ギガバイトに拡張するという提案
  • ブロックサイズの拡大によって、扱えるコンピュータが限られてしまう。また、マイニング(ビットコインの採掘)のコストも上昇する。こうして、マイニングの寡占化、中央集権化が懸念
  • XTは、ビットコインプロトコルのブロックの仕様の拡張なので、マイナー(採掘者)が既存のビットコインビットコイン-Qt)の仕様のままだと、扱えなくなることだ。XTは、コンセンサスによらずに、計算力が強力なマイナーの決定によって強制的にブロックチェーンを分岐させることにした(ハードフォーク
  • 2015年12月、香港でビットコインの会議・・・ピーター・ウィールによって、画期的な方法が提案された。これは、「Segwit」(Segregated witness)という方法だ。これは、取引データの電子署名の部分を別枠扱いにして圧縮するもので、ブロックの情報を25%程度まで圧縮できる。つまり、これまでの4倍の取引をブロックに含めることができるようになる。しかも、ハードフォークが必要ない

  • Segwitは技術的に重要な意味を持っているのだが、アクティベート(実行)されなかった。この背景には、マイナーたちの反対・・・この状況にしびれを切らした開発者たちから、8月1日以降はSegwitのない取引を取引所が認めないようにする動きが出ている。

  • ビットコインの取引は10分ごとにブロックに記録される。それを時系列的につなげたものが「ブロックチェーン
  • チェーンの「フォーク」(分岐)とは、あるブロックの後に複数のブロックが加えられることによって、複数の系列ができてしまうこと・・・「分岐したら、長いほうのチェーンを採用する」というルール・・・切り捨てられたチェーンは、「オーファン」(孤児)と呼ばれる。・・・捨てられた枝を構成するマイナーは、報酬を受け取ることができないので、マイナーたちは、分岐したチェーンの中から一番長い枝を選び、そこに自分のブロックを加えるインセンティブを持つ。こうして、一番長い枝にマイナーが集中し、チェーンはいずれ1つの枝に収束
  • これによって影響を受ける人は、あまり多くないだろう。なぜなら、大部分の人の取引は、分岐したどちらの枝にも記録されているからだ。したがって、分岐したチェーンが1系統に収束していくとき、取引はその中に含まれているだろう。
  • ハードフォークが行なわれると、アップグレードしていないノードは、新バージョンのブロック(したがって、そこに含まれる取引)を認めない・・・新バージョンのブロックのマイニングをするには、新バージョンにアップグレードしなければならないことになる。つまり、アップグレードを強制されるわけだ。
  • 旧バージョンを守りたいとするマイナーや開発者がいるかもしれない。この場合、彼らは旧バージョンのビットコインを採掘し続けることになる。つまり、ブロックチェーンが永久的に分岐してしまって、合流することはない
  • ハードフォークが行なわれると、バージョンアップ前の残高は消失しないが、バージョンアップ以降に分岐したビットコイン間で残高が共有されないので、利用者はどちらのビットコインを使うのかについて、選択を迫られる

つまり、

  • ハードフォーク:「旧バージョンで認められるブロック」は、「新バージョンで認められるブロック」の部分集合に
  • ソフトフォーク:「新バージョンで認められるブロック」は、「旧バージョンで認められるブロック」の部分集合に・・・「後方互換性がある」(backward-compatible)

newsphere.jp

  • 仮想通貨は現在、時価総額ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルでほぼ8割を占め、残り2割は750種類に上る無名の通貨が占めている(ブルームバーグ
  • 過去にも大きな価格の変動があった仮想通貨だけに、このような動きは今後もありえ、「投資する側としては心が落ち着けない対象である」(フォーチュン誌)
  • ビットコインをはじめとした仮想通貨の存在価値は、他の通貨などとの換金性の高さであるとし、その利用価値は将来も変わらない

www.economist.com

  • The best comparison may be with the internet and the dotcom boom it created in the late 1990s. Like the internet, cryptocurrencies both embody innovation and give rise to more of it.
  • Although such ICOs need to be handled with care, they could also generate intriguing inventions. Fans hope that they will give rise to decentralised upstarts taking aim at today’s oligopolistic technology giants, such as Amazon and Facebook.
  • since they are still a fairly self-contained system, contagion is unlikely.
  • Being too spiky would not just prick a bubble, but also prevent a lot of the useful innovation that is likely to come about at the same time.

www.bloomberg.co.jp

  • 「価格を理由に挙げてイーサリアムを利用するICOは素晴らしいと人々は言うが、カチカチと音を立てている時限爆弾のような危険な状態だ。既存のブロックチェーンで同じタスクが実行できるケースで企業がトークンを発行し、過剰なトークン化が存在する。簡単ですぐに使えるマネーに人々は分別をなくしている」

ICOには僕も否定的、ICOに使われる仮想通貨の価値を暴落させる危険性が高い。

kabutan.jp

  • 2017年8月1日、午前9時過ぎ(日本時間)にビットコインプロトコルの分岐が発生する可能性が高いと予想
  • 運営のルールの変更などにより、ブロックチェーンが二つに分裂してしまう「フォーク」という状態が発生する場合があります。このようなフォークが生じても、殆どの場合は1ブロックだけのフォークで済み、一つのブロックに収束しますが、フォークの原因であるルール変更について賛否が拮抗した場合、半永続的にフォークが続く可能性があります(賛否両論フォーク)
  • 本年8月1日に、ビットコインが発明された以降、史上初と言っても過言ではない「賛否両論フォーク」を迎える可能性があります。その時、フォークにフォークを重ね、3つ以上の並行するブロックチェーンが存在する可能性もあります。
  • 当該フォークによる混乱の程度の予想は困難であり、重大なセキュリティーリスクが発生する可能性

www.bloomberg.co.jp

  • 「採掘者」たちがビットコインの分裂を回避するための新しいソフトウエアを使い始めた。

kabutan.jp

  • ビットコインのニュースに緊張度が高まる中で、ライトコインへの注目度が高まり始めている。
  • ライトコインとは2011年10月に公開されたアルトコインで、ビットコインのプログラムを元に派生したものであるため基本的な仕様はビットコインとほぼ同じ
  • 発行量がビットコインよりも多いことや、発行時の手間がビットコインよりもかからないことなどから、「ビットコインを金、ライトコインを銀」と呼ぶ人もいる。
  • 送金時間がビットコイン(約10分)よりもかなり短い(約2分半)ことや、現在ビットコインが導入しようとしている「セグウィット(Segwit)」と呼ばれる仕様変更をすでに適用していることから、ライトコインへの期待感は高まっている。

www.bloomberg.co.jp

  • 投資家はもはや、仮想通貨の驚異的な値上がりを無視できない。ビットコインは今年に入ってから150%近く値上がりした。問題はデジタル資産の売買でコンプライアンス(法令順守)部門が問題視しないような方法を見つけることだ。
  • 「仮想資産により低い費用で簡単にアクセスできるようにする」という点でオメガ・ワンは「これまでのやり方を変える企業になると考えている」

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

jp.sputniknews.com

  •  顧客のために仮想通貨を売買する資産管理サービスにスイスの銀行で初めて踏み切ったファルコンの国際商品・サービス部門責任者は、「新たな現金取引の幕開け」とCNBCに語った。

jp.sputniknews.com

  • およそ半年後には1ビットコインあたりの価値は4537.23ドルになるという。ターノポルスキー氏はモンテカルロ法を用いて、ドルに対するビットコイン相場の動きをコンピューターモデル化することでこの結論に至った。

gendai.ismedia.jp

  • ビットコインの場合、”8月1日”への懸念が相場を圧迫しているようだ。この日、一部の仮想通貨の取引業者は、独自の情報処理のルールをビットコインに適用する方針を示している。
  • 世界的なカネ余りが米国の株式バブルを膨張させ、更なる利得を追求する心理が仮想通貨の上昇を支えた。こう考えると、米欧の金融政策の変更の影響は軽視できない。

www.nikkei.com

  • ビットコインは最近の仮想通貨ブームで取引量が増え、取引確定に時間がかかるようになった。その解決方法を巡って取引記録をまとめる事業者と利用者が対立。利用者側は8月1日に「新たな枠組みをつくる」と予告している。

kabutan.jp

  •  Libertex事業開発マネージャーのAndewNikolaev氏は、「現在、仮想通貨への関心は非常に高く、仮想通貨に資金を投入しようとする人の数は幾何学的に増加している。Libertexでこれらの金融商品を契約を開始したことで、欧州のトレーダーの要求を満たすことができる」
  • ビットコインとイーサリアムのCFD取引では、仮想通貨の物理的な購入ではなく、価格の上昇からでも、下落からでも利益を得ることができると、顧客に説明をしている。

www.sankeibiz.jp

  • ビットコインの取引を監視しブロックチェーンを支える「採掘者」(マイナー)が情報量の上限引き上げを求める一方で、ビットコインのソフトウエア開発者グループ「コア」は、一部データをメインネットワークの外部で管理すべきだと主張している。後者が掲げる技術「セグウィット(SEGWIT)」が実現すれば採掘者の手数料が減少する恐れがあるため、対立は必然的に生じた。
  • 両陣営の間から「セグウィット2X」という折衷案が出された。セグウィットを採用するとともに、ブロックチェーンの情報量の上限を引き上げるというものだ。今月21日のリリースを控え、支持するとの意思表示をした採掘者は約85%に達した。
  • ビットコインの後に誕生した別の仮想通貨「イーサリアム」によってビットコインの仮想通貨1位の座が危うくなっているという危機感
  • 一部のコア支持者がUASFという別の案を進めている。8月1日に実行される予定で、それ以降セグウィットに準拠しない取引は拒否されることになる。採掘者の多数がそれまでにセグウィットを採用しなければ、ビットコインに2つのシステムが出来上がり、ビットコインの分裂を引き起こす。そのような事態になれば、トレーダーがビットコインの価格を即座に見直すと予想され、相場が乱高下する恐れがある。
  • ビットコインの決済サービス会社、米ビットペイのスティーブン・ペア最高経営責任者(CEO)は「穏健派対強硬派の構図だ。どれほどの人が、分裂を阻止することに価値を置くかにかかっている
  • 香港でビットコインデリバティブ金融派生商品)取引所ビットメックスを運営するアーサー・ヘイズ氏は「何が起きるか全くわからない。方向性がいったん明らかになれば、ものすごい速さで値動きが起きる可能性がある

www.bloomberg.co.jp

www.nikkei.com

  • ビットコインを扱う世界の事業者で分裂騒動が起きており、14の取引所が加盟する日本仮想通貨事業者協会(JCBA)は顧客資産の保護へビットコインの取引を一時停止する検討を始めた。
  • 「本当に分裂すれば一部の取引履歴が消失する可能性がある」
  • 記録業務を請け負うのは中国の事業者が多い。最近は売買が急増し記録業務の手数料が高騰した。米国の取引所などビットコインの利用者は作業の効率化を要求したが、手数料の減少を警戒する記録者側と意見が対立した。
  • 早稲田大学ファイナンス総合研究所の野口悠紀雄顧問は今回表面化した事業者の分裂騒動について「ビットコインはじまって以来の一大転機だ。分裂が起これば取引に混乱が生じる可能性もある」と警鐘を鳴らす。

www.bloomberg.co.jp

  • 「仮想通貨の売買能力を得ることは、金融機関にとって大きな前進だ。新商品のパイプラインに加えたい有望なサービスを求めて、大手銀行はわれわれの行動を注視している。だが彼らの動きは非常に時間がかかる」

jp.sputniknews.com

  • 今年はじめから各スタートアップ企業がICO(Initial Coin Offering; 仮想通貨による資金調達)でおよそ10億ドルを調達。しかし、投資家は現在、投資の現金化を望んている。そのため市場はイーサリアムの売り注文でいっぱいになっているのだという。それは一方で、イーサリアムの相場急落に繋がった。

ICOによる資金調達は、調達通貨の需給を歪めて実質調達額を減少させる可能性があるのってのは大事な教訓

www.nikkei.com

  • ビットコインの取引量拡大に向けて8月1日に新しい枠組みが適用される。新たな枠組みを巡る関係者の対立でコインが分裂するとの懸念が高まっているのを背景に売りが広がった。市場では「混乱を避けようと換金する動きが強まっている」(ビットバンクの広末紀之最高経営責任者

  • StandpointResearchの創設者であるRonnieMoas氏は、ビットコインの価格は1年以内に5,000ドルに達すると考えている。彼は、ビットコインは人気が高まっており、数ヶ月で5,000ドルに達する可能性があると語った。
  • Moas氏はその高騰する資産(仮想通貨)から手を出さずにいれず、最近初めてビットコインを購入したと語った。又、彼は仮想通貨でお金を失うことは、何もしないことよりは苦痛ではないとCNBCに語った。
  • Moas氏によると、新しいテクノロジーが登場するといつも起きること同じことで、詐欺被害が起こったり、人々が仮想通貨市場で多額の資金を失うこともあるという。しかし、彼の見解では、仮想通貨には投資すべきだと言う。彼は、私たちが今現在、野球の試合でいうと9イニング中まだ2イニング目の途中にいると語った。

  • 2017年初頭には全Bitcoin取引量のほとんどが中国元で占められる事態となっている。マウントゴックスは日本を拠点とした取引所だったが、ここがトラブルで大きく報じられる一方で、実際の世界全体での取引の多くや価格上昇は中国人が支えていた構図となる。中国からの投資が過熱した背景には、中国政府が人民元の米ドルに対する切り下げを進めたことで、国内資産の移転先としてのBitcoinに注目が集まったほか、資金が流れ込んだことによる価格上昇を利用したキャピタルゲインの獲得などが視野にあったと考えられる。だが中国政府もこの状況は看過しておらず、2017年に入ったタイミングでの規制強化を打ち出すこととなった。
  • 2017年4月には再び上昇カーブを描き、ついには3,000米ドルにあと少しで届く水準にまで達することになる。この4月以降の価格上昇は「日本での取引量の急増」が指摘されている。この背景には4月1日に施行された「改正資金決済法」があり、これまでグレーゾーンだった仮想通貨の取り扱いを「資金決済に使える通貨」として正式に認定し、これを取り扱う交換所を登録制にすることで、利用者が安全な取引を行えるようになったことが大きい。
  • 日本での投資が過熱する背景には、長らく続いた低金利で有望な投資先としてのBitcoinに注目が集まったこと、そして日銀の金融政策で量的緩和が行われていることから日本円の価値が毀損(きそん)されて資金の国外退避が進みつつあることが指摘されている。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin